出来上がりのポーズを
目指すあまりに
自分のやりやすいように
上手く小細工して
出来てる風をしても
出来てる事にはならないし
それは良いとは言えないし
バレエからどんどん遠ざかる。

先生の目に着いて
注意される人はまだいい。

目に着く順に注意される傾向だから
たまにしか言われないけど
出来てないなんてしょっちゅう。

自分の癖をわかった上で
無くす努力が必要だし
何も言われないけど
心の中で問いかけてないと。



だからと言ってはなんだけど
みんな実力以上に
脚を上げたがる。
上がると思っている。
上げなきゃいけないと思っている。
上がる事がバレエだと思っている。

そこがそもそもの間違いの始まり。

すぐ忘れちゃうから
自分の癖なんだろうな。

使いやすい部品を使ってしまう。

そう簡単に脚は伸ばせないし
上がらない。
それは柔軟性とか
ストレッチとか言う問題じゃない。

何かが違う。

ざっくり言うと
ターンアウトのやり方。