床を押す
床の反発わかる?
わからない。
そんな会話したのいつだっけ?

立つことがずっと課題だし
床を押してないから
ふわふわするしぐらつくし
いろいろやってはいる。

みぞおちから脚〜とか
内転筋と恥骨離す〜とか
腹筋とか背骨とか
肋と骨盤の境目とか
横隔膜と骨盤底筋群とか
筋肉伸ばすとか伸びるとか…
最近じゃ小指とか
いろいろ、いろいろ、いろいろ…

先生のヒントから
自分で答えを見つける。
自分なりに考える。


あまりに床を押せない私たちに
ふと先生が上半身と下半身だけじゃなく
脚も上下に分けて!
と、言った。

脚も上下に分けて?
膝から上と膝から下にって事かなぁ?
スネと、大腿骨?
ってぼんやり考えながらハッとした。

プリマ先生の膝のお皿を上げる筋肉の事や
膝を押して伸ばさないって注意の事。

それを踏まえての膝から上下に分ける
あー関節に隙間だわ!
膝の関節に隙間。
どこに隙間かはよくわからないけど
なんとなくそんな感じ。

それをやったら
いつも言われるお尻突き上げてと、
ハム上げての意味がやっとわかった。

膝で脚が上下に分かれたら
ハム筋は上、つま先は床に向かうし
自然とそうなる。

全然わかってなかった。
やってるつもりだったわ。
引き上げポイントこれ重要。
足首埋まってるってのも言われるけど
関係してるかも。

これやって
すごく久しぶりに
ドロシーそう、
そのくらい使わないとって言われた。

膝から分かれて上下に伸びる使い方は
それはわかる人にしかわからない
先生は全てお見通し。

そ、誰も出来てないって事。