バーレッスンの始まりから
マックスなターンアウトを求められる。

徐々に整えて行く
今日の調子を感じる
集まらないな〜
伸びないな〜
使っちゃいけない部分に力入ってしまう〜
どこか凝ってる
とか個人的な出来ない理由は却下。

最初からやれたら
どんなにいいかと思うけど
そのためには
もうワンレッスン必要…

それか、仕事中から普段から
朝から晩までずっと
バーレッスンだと思って
その身体で過ごすとか…



先生もそれが出来ないの
わかった上で言っている。

言わないわけにはいかない。
だって出来てないんだから。

今日はベテランばかりで
それぞれに注意。
全員違う注意。
だからそれぞれに個人レッスンみたいな感じ。
すごく良かった。

いつも言われないけど
本当はこれ、出来てないってわかったし。
全体注意で言われてることをやったら
やって欲しいことではないこともわかった。

やってるつもり
出来てるつもり
言われないとわからないのは
私も同じなのに
本当に注意してもらう事も
いいよも少ないから
勘違いしてしまう。

『そう』

私が言われないのは
いつも何かが足りないからだと思った。

そして全体レッスンは
真ん中のレベルの人が中心だから
その先にあるものが欲しい私には
何をどうするか迷ってばかりになる。

昨日レッスン終わりに
5番ポジションや
アラベスクの軸の確認をしてたら
最初からそこで出来たらいいんだけどな〜
と、言われた。

ここの先にしか未来はない。
本当に正しいことを積み重ねてやらないと
絶対に遠回りなるって思った。

今の実力では
アラベスクはデガジェにしか
足は上がらない。
これから先は背筋って言われた。

背筋と脚が繋がってないってこととか
背中の使い方とか、重要かも。

正しいターンアウトと上半身が
どの形でも使えるようにが目標。