いろいろ思うんだけどね
結局順番が出来たり
脚上げたり回ったり跳んだりしても
バレエの身体が
わかってない所でやっても
アンディオール出来ないんだから
無駄なんじゃない?

と、プリエのアンディオールが
わかってきたメイトさんに言われた。

出来てないプリエを
何万回レッスンしても
出来てないままじゃない?
必要なの?

いつどこでその事に
気付けるかって事だよね。

アンディオールがわかっていれば
お尻で脚上げたり
変な形のあんな風や
こんな風にはならない。
そう、だから
プリマ先生が言ってる
必要最低限の事を
端折ったらバレエにはならないのよ。

難しいパになればなるほど
プリマ先生の言ってる事を
端折る人が増えていく。
本当はそこを何よりやらなきゃいけないのに。

自分で変な事に気づくならまだしも
出来てると思っちゃってる節があるよね。

アンディオールがわかってないから
自分のやりやすいように慣れでやってしまう。

先生の注意は
セゴンのディベロッペで
お尻開いて脚を上げないって事だったんだけど
どうやったら
アンディオールした脚で
ディベロッペ出来るの?と。

それ聞く?(笑)
ジゼルに出てくるディベロッペね。

5番ポジションからクッペ通って
パッセ通って脚をたたんで
膝から下をアンディオールして伸ばす。

当たり前に習ってる事。
どこでアンディオールなくなる?

脚をたたんで来る時に
アンデダンになってる事に
自分で気付けないと。
アンディオールしてたためる位置で
やっていかないと先はないよ。

なんて言うか
やはりアンディオールが
ポジションでわかってないと
ドゥミ通るとか
軸足伝って来るとかの意味がわからない。

パッセがお尻開いてたらもう無理。
立て直せない。

軸足アンディオールしてるから
上げる脚もアンディオール出来る。

出来てる場所から
徐々に脚を上げていかないと
いきなりあのポジションには
持って行けない。

今の私があるのは
私はバーに脚を乗せて
90度のセゴンのキープを
何年も練習してきたから。

先生が身体の横で
脚をたたんでと言うのは
アンディオールありきだから。