プリマ先生クラス
いつもお直しのビフォーアフター
のメイトさんが最近お休みで
今日は
私の身体が正しさの見本の日。

脚が回ってない見本
回した見本
何もやってない見本
やってる見本
この見本で違いがわからなければ
話にならない。

個人的には
始めのプリエでハム筋を触られ
アンディオールのきっかけをもらう。
坐骨にはまった。


そして足の裏のアンディオール。

もっと親指の方に乗っていい
そしてかかとが逃げないように
ハム筋を回して押し刺す感じ。

ポジション集めて上から押してとか
もっとかかと押し出すとか
よく先生は叫ぶけどこれがそうかも。

回し続ける意識は一周では足りない。
途切れる事なく回し続ける。
何万回も言われてるけど
やれてなかった。

触ってお直しと言うより
次の扉が開いた感じ。
内側もっと伸びるとわかった。

小指から巻き込む事で
内くるぶしの上に立てる。

これこの前、
鏡の前でここに立てるようになりたい
って身体持ち上げたの見られてて
プリマ先生が後ろで
そうだよね〜って言ってるの
聞こえたんだけど
その時保留されてた事だと思う。

積み重ねてた身体があるから
捻れないで回せるように
なって来てるから次に行けた感じ。

やっともっとが
何をするか聞けた。