お稽古終わりにこっそり
聞こえた重大事項。
骨盤を倒す動きの癖とかかとの関係。
注意されてる事を直さないと
次に行けない。

後ろタンジュの動き出しでは
脚を回しているから
足がかかとから縦になって
出るわけがない。

そこを直さないとアラベスクは
一生出来ないと言う
重大な事だった。

先生はあまり深刻にならないように
お稽古中軽く注意をしていたけど
実は重大な注意事項。
後ろタンジュの出し方。
お尻先行で動き出す
出っ尻の人々の骨盤。

ぜ〜ったいできないよ〜と
にこやかに笑って言われてるのを
聞いてしまった。
ざっくり言うと
アンディオールしていればいいだけ。
お尻引かなきゃいいだけ。
アラベスクやアチチュードに
繋がるタンジュ。

結局タンジュが
正しく出来てないんだなって事になるし
そこが出来てないから
次に行けないんだなって思うけど
タンジュの何が?
もっと何をするといいの?
の、答え。

後ろの難しさ再発見。
落とし穴。
でもないか、アンディオールなんだから。

出っ尻でも腰の柔軟性がある人は
アラベスクもアチチュードも
そこそこ脚が上がる。

背筋使って似た形になれる。
でも共通してお腹がぽっこり。
出っ尻チームのアラベスクって
腹筋どうなってる?
私も、お腹の力抜いて
背筋でグニャってしてみる?

イヤイヤ腰痛いし何かが違う。
彼女達と目指すものは同じでも
たどり着き方は違うに違いない。

そして同じ出っ尻チームでも
腰が硬いとその真似は出来ないから
背中が板のようになり
その形に近づく為に
胸開いてみたいな注意になる。
多分そこからのアプローチで
アラベスクにたどり着くのは難しい。

だからやっぱり
アンディオールの骨盤
アンディオールされたタンジュ
アンディオールされた身体の使い方。

自分でそこ見抜けるかどうか。
出来てるっぽい人と
正しく使えてる人と。

身体の立ち方の癖とか
何気なく注意されてる事とか
本当に敏感にやるべき事をやらないと
バレエの身体は手に入らない。

動くと足が縦になる現象の原因は
後ろタンジュにあると思う。

後ろタンジュ重点。