レッスン中は
ほぼ放置状態だったので
自分の身体と対話しながら
いろいろやってた。

センターは
前回のおさらいだったから
順番じゃなく
もっとちゃんとやりたい
と、思いながら
アンディオールが甘くなる。
ピルエットで
良い時は軸がもっと前
と言われて修正したけど
いい軸に立てたのは1回だけだった。

全員に
パッセでは立てるのに
回ると足が6番になる問題。

4番プリエからの軸
もっと床を押すとか
絞るとか我慢するとか
これの本質がわかった。

感じたのは軸足のアンディオール。
当たり前過ぎる(笑)

前に左回りの軸で身体は右回りになる
と、説明されて出来てる人が数人。
なるほど、理屈はわかるけど…と
ずっとどうするかわかってなかった。

今日わかった。
4番ポジションでかなり引き上げ
身体の中を絞ってる。

そしてプリエの内腿
ちゃんとルルベ出来てる時に
これだとわかった。

回転軸の仕組みわかったかも。