バーレッスンでやってるプリエを
センターでは動いてる途中でやる。
この難しさたるや。

プリマ先生に習い始めた昔々
4番プリエが出来ないで
センターでどうやって動いているの?

と、言われた事ずっと心にある。

何がどう4番プリエになるか
その頃は全然繋がってなくて
移動するには4番プリエが
出来てないとダメなんだな
そして出来ていないんだなって
事しかわからなかった。


最近、4番ポジションのプリエと
タンジュで歩くと言うのを
ゴットハンド先生クラスでやってるけど
シンプルな難しさを感じる。

そして地味に出来てない…

何で出来てないか
何が出来てないか
どうすれば出来るか。

プリマ先生ならきっと
習ってる事だけやれと言うし
習ってる事をやってないから
出来ないんだって言うはず。

そしてふと
ピルエットの4番ポジションと
歩く時の4番ポジション
違うことになってるかもしれない。

で、そもそも
ピルエットの4番ポジション
それは出来てるの?

バーの4番ポジションと同じ事
センターはいつもちゃんとやってるの?
例えばプレパレーション。

いつも
両足ちゃんと均等にいるとか
足の裏全部着いてるかとか
ハム筋使って
アンディオールしてるかとか
バーでは考えられてるのに
センターは?

出来てない事をわかったら次
出来るためにやるべきことは
バーでやってる事をすること。

バーでやってる事が
センターで出来ないのは
動いているから。

動いている所からも出来るように。
だから繋ぎの通り道が大事だし
動いても崩れない体幹が大事。