先生はどうしても
私の脚を上げたいらしい(笑)

ここまで上げてくれたらね〜
と言われるのはやはり90度がギリギリ。
求められるのはもっと。
もっと上げられるはずだと。

出来ないとは思わないし
限界とも感じないけど
今は何かが足りないから無理。
何か…
何?

感覚としてはだいぶ掴めて
背骨とハム筋と
この前繋がったアムスと脚のクロス。

で、新しいアプローチ。
広背筋のクロス。
ここ絞るだけで足は上がる。
背骨が伸ばせて
はまったハム筋使って
アムスと脚がクロスに引き合えた
その次にやる事。

ざっくり言うと
胸開いて反る。

これを背中でやる。
広背筋のクロス。

そのクロスポイントが
骨盤の上から肩甲骨の下。
ああ、だからカンブレ腰で反らない
肩甲骨の下から反るって言われるんだ。
胸のスライドとも繋がる。

背中のクロスポイント
つまり衣装チュチュの背中。
衣装が助けてくれるって事かも。
着やすいレオタードってのもあるかも。

先生に脚を上げられると
お尻の谷折り(アンディオール)も
はっきりしてバレリーナみたいになった。
自力でやらねば(笑)

そしてあばらの下とお尻の下を
クロスに絞るのもわかってきた。

背中にクロスが2個ある。
あばらと骨盤離してと言われるのがわかった。

1番ポジションでの絞りがクロス
真ん中に集めるやり方これかも。
このクロスをちょっと意識して行こう。