プリマ先生クラスいつもの注意。
あれやこれやなぜやらない?

注意されたらすぐ動く。
スルーしないで、自分の事だよ。
話聞いてるだけじゃ出来るようにならない。
動かないと!

多分悲しい顔で
先生を見つめていたと思う。

目が合ったところで
ドロシーさんは
やってくれてるから大丈夫。
信じている。
そう言われたので
ここ数日のちょっと目覚めた
ハム筋と内転筋と仙骨の
関係性を意識してバーをやってみた。

アラベスクで
ドロシーさんそう
もう少し脚上がらない?
と、言われる。

滅多に褒められないから
めっちゃ嬉しかった。
しかもアラベスク!
この良いままレッスンしたい。
来週GW休みが残念だわ。

センターは
タンジュとグリッサードのパ。

いろんな難しい事の組み合わせで
わけがわからない時があっても
これは出来なくちゃいけない
これが出来るのは基本。
これ以上簡単には出来ない。

エシャッペとパッセのパ。

パッセもプリエも
同じ使い方。

私の中では
内転筋がちゃんと使えて
ハム筋と連動していれば
仙骨で床を押せばいいだけ。

何回かやってる1回だけ
プリエがすごく上手くいって
その1回を先生が見てて
そうって言われた。

これをいつも出来るように
練習するってことで
たまたま出来たとか
パッセになる時思い出すとかじゃなく
いつもこのプリエを
どんな時でもこのプリエを
目指していかないと。