オシポアさんみたいに
ふわっと浮き上がるジャンプは憧れ。
何度でも見ちゃう。

みんな重い!
もっと軽くジャンプして!
そう言って先生がボールを持ち出し
脇とか、股とかに
ボールを挟んでそれが浮く感じでと。

なんでもいい浮き輪でも
風船でも好きなイメージで
想像しただけで軽くなった。
ジャンプもいろいろ考えないと
ダメな部分もあるけど
イメージで跳ぶのは大事なことかも。

センター
クッペに下りる片足連続の
ジャンプをやったんだけど
やる前に膝が怖いな〜と思ってた。

何が怖いか考えると
ちゃんと着地する自信がないから。
だったらちゃんと着地すれば
いいだけじゃん自分。
そう思ったら全然大丈夫だった。

着地はもっと繊細に
イメージ出来そう。