もっと軸足に乗って
と言われる意味がわかった。

軸足のどこに?
ってすごく漠然としてる。

坐骨にハム筋がはまって
仙骨を集めたら
片足に立った時
左軸なら左の仙骨
右軸なら右の仙骨に
軸を見つけた。

実際どうなってるのかは
わからないけど
足の垂直感がある。

多分床がななめでも垂直に立てば平気。
やっぱり滑るのは
床に垂直に立ってないから。


意識してたのはずっと細い真ん中で
すぐブレるし見失うし
とても曖昧だから自分の中で坐骨と
ハム筋に焦点を当ててた。

軸を真ん中に集めてと言われ
自分でどこを集めて何をしてたか
具体的に表現できない。
全体的に引き上げて細く伸びるみたいな。


身体の中の意識と言われるもの?
いったい何?
気持ち?

軸は
思ってたより太くてしっかりした感じ。
これ自分の思ってた真ん中とは違った。

当たり前だけど
腰半分くらいまるごと軸だった。
右は右だし左は左。
骨盤に軸?って感覚。

立てない場所に立ってるとは
よく注意されたし
足に乗っからないも言われたけど
やっとアンディオールで
足と背骨が繋がって来たって事かも。

ざっくり言うと
仙骨のネジを発見した感じ。

私本当に
もっと腰上げてと言われる注意が
的を射てたんだなって思う。