だんだんはまった状態になるのが
早くなってきた。

早くはめようとして
一生懸命回しても早くはまるわけじゃない。

プリエの1番ポジションから
はまって出来たら話は早いんだけど
身体はなかなかそこに持っていけない。
引き上げの筋肉が全身に行き渡り
徐々に整っていく。

きっかけはやはり
タンジュのドゥミを通る事で
アンディオールに必要な筋肉が目覚める感じ。

1番ポジションのタンジュと
5番ポジションのタンジュ、デガジェの
軸や集まり具合の変化で
あ、いい感じかもと、
わかるようになってきた。

ここら辺りでわかれば
ロンドに繋がってくる。

バーは
外もも使いの人に
なんとかわかってもらいたい。
と言う先生の愛。

とばっちりで
外ももを使ってない人まで
同じ事をされたけど
外もも使いじゃないから
わけがわからなかった。

後で解決したけど。

股関節でたたむのはもちろんだけど
脚を持ち上げずに上げる支点は
そうしようと意識して
育てるしかない。

ハム筋の起始。
これ。