夜のゴットハンド先生クラスでやってる
床で開脚での横のリンバリング。

プリマ先生クラスでは
やった事はないのだけど
床に座ってやる目的がよくわからなくて
かなり昔何をどうするのが正解か
プリマ先生に聞いた事がある。

骨盤垂直とか
背骨のラインとか
脇のどこが伸びるかとか。

わからない事は聞くに限るなと
その時思ったけど
ゴットハンド先生注意も
アドバイスもしないからみんな自由。
誰も私がやってるようにはやってない。
それが今日
その時の横のリンバリングの話になって
あ、やっぱり私誰もやってなくて
心折れそうだったけど
正しい事やってたとすごく安心した。

そしてその正しさを
教えて欲しいと言う人に伝授。
やっと報われる日が来た。

よかった。

今日のお直しは背中。
腹筋が使わさる背中って事かも。
迷いそうになったけど
横隔膜の使い方はそうって言われたから
ここ大事なポイント。

センターのパは
アチチュードのバットマンの応用。

動脚に惑わされそうになったけど
軸脚とアンオーアムスの
引っぱりがあれば振られない。
アチチュードを伸ばした脚を
緩めて作ると罠に落ちる。

エカルテは弓のようにの説明で
なんとなくやってたのが
目指すものがわかった。
キトリのリフトのあれ。

1回だけめっちゃくちゃ上手くいった。
これも横のリンバリングが
正しく出来ないと出来ない。

アッサンブレのアレグロは
とにかくプリエを正しく。
適当なプリエをしてると
直せなくなる。

順番と足の運びより
ちゃんとしたプリエ。