改めて思ったのは
人によって感じ方が違うってこと。

私はまさに骨をはめること
って感じたことが
メイトさんは回して
ねじ込むって感じてて
それぞれに足りない部分を
キャッチするのかなと思う。

回ってるからはめるだけって感じるか
ねじ込むことではめるかってのは
分かり合えるんだけど
同じことでもわからない
誰かに伝えるとしたら違ってくる。
だから指導は難しいわけだ。

そういや
ずっと前に立つ場所を
もっと前もっと前って言われても
全然伝わらなくて
ある日前じゃなく後ろ?
ってひらめきがあってわかった。

見た目は前に動いたのかもしれないけど
自分が感じたのは軸の感覚を
後ろにすることだった。
言葉って難しい。

今レッスンはとにかく迷いなく
はめることメインでやってるのが
先生にも伝わってるらしく
あたたかく見守られている。

もっと床押せと持ち上げられたけど
今これが限界。

センターは初心者さんの
お手本と通訳。
アラベスクがみんなぐちゃぐちゃなので
スプリッツの後ろ足だよ
と言うことで
はいドロシーやってと
正しいやつと骨盤逃したやつ。

ちゃんとやらねば。