脚を回した感覚が
どんどんはっきりしてくる。

膝を押すと回らないのがわかる。
大腿四頭筋(前腿)で開くと
回らないのがわかる。
上半身を上げないと回らないのがわかる。
筋肉を固めると回らないのがわかる。
回す時の初動を誤ると回らないのがわかる。
骨盤周りが解れてないと回らないのがわかる。
似てる形をしても回らないのがわかる。
大腿骨と骨盤のジョイントの
組み方(はまり方)が
変わるからポジションになる。

ロンデジャンプが
すごく重要ポイントで
と言うかまずタンジュで考えると
5番の軸足ジョイントで
前後タンジュは4番ポジションジョイント
横は2番ポジションジョイント
足先遠く付け根外れないと言う注意を
何万も聞いたけどその中身の在り方が
やっと理解できた。

形ではわかってるから
ものすごく変なことにはならないけど
本物になれないのは
ここのジョイント。

骨盤動かさないと言われるけど
骨盤の動きうんぬんと言うより
アンディオールして動かしてますか?
はまったポジションのまま
足を動かしてますか?と言うこと。

動かさないんじゃなくて
動かないところで出来るようになってくる。
だから固めないで伸ばすってことが
どうやって出来るかってこと。

ここの力は正しい使い方ありきでしか
育たないと感じる。
アンディオールしてないと
何もかもが始まらない。

外腿、前腿使うなと言われるのは
使い方を間違えていると言うこと。
頑張り方が違う。
アンディオールする為には使ってないけど
膝を伸ばすためには使っている。

この辺りの使い方が
いまいちピンとこなかったんだけど
アンディオールがわかると
注意の謎がどんどん解ける。

アンディオールする為に
やっちゃいけないことを何万回も聞いた。

しない代わりにやってる事が
アンディオールと繋がらず漠然としてる。

お腹上げるとか
背骨骨盤真っ直ぐとか
伸びるとか伸ばすとか
絞るとか抜くとか
ハム筋使うとか
ドゥミ通るとか
集めるとか離すとか

ジョイントが動かないから
いつも正しさを求めて迷子になるわけだ。

そこをお直しで触られてる人だけ
何をするかがわかってるんだ。
わかってもなかなか出来ないらしいけど。

私これがわかってからのこの数日
脚の付け根股関節周り
リノベーションって感じ。

感じ方考え方ガラリと変わった。
アンディオール出来ると
やっちゃいけないことは出来なくなる。