膝のお皿を引き上げる筋肉は使う。
つまりは前腿。

前腿使ってるから脚が太いと言われる筋肉。
つまりは前腿。

外側の筋肉で脚を回さない。
つまりは前腿。

この違いが何を意味するか
深いところでわかってないと
前腿使うの?使わないの?
力を入れるの?抜くの?
迷うことになるんだなと思う。
昨日まで前腿使うから
いつまでも脚が太いんだ
脚を細くしたくないのか!

と言われていたのに
今日はなんで前腿が引き上がってないんだ
ちゃんと膝のお皿持ち上げて
膝の裏曲がってないのに
前腿の力抜けるとかおかしい!
と言われる。

そこを注意されると
前腿メインに神経が働いて
前腿を固めるか抜くかと言う
二者択一の選択しかなくなる。

答えはアンディオールにあって
ハム筋やお尻の筋肉始動で回し集めると
膝のお皿も持ち上がってくる。

注意されることは結果で
原因ではないから
全てがアンディオールと
繋げて行く作業が
やっぱり必要なんだなと思う。

膝のお皿持ち上げてと言われたら
アンディオール出来てないんだなって事。
前腿使うなって言われたら
アンディオール出来てないんだなって事。

じゃあ自分はどうすればいいか
力を入れるとか抜くの結果になるように
アンディオールすればいい。
アンディオールすると余計な力が抜けるか
アンディオールすると正しい力が入るのか
それは人それぞれだから。

全体注意でも結局誰かの事を言ってるから
当てはまることが少ないタイプが
真逆な事をして迷ってわからなくなる。

踊ってるのも
身体を動かしてるのも
自分の意思なんだから
自分で考えないと
出来るようにならない。

インスタで
いろんなバレリーナを見ているけど
筋肉が見えてすごく勉強になる。
脚の筋肉見てると飽きない。