お尻の筋肉をほぐしてて
ふと思った事。

アンディオールしたポジションの
お尻筋(深層六筋群)は
脚を上げるとどう形状が変化するんだろう。
と言うこと。

アラベスクは縮まる感じが
なんとなく想像出来るけど
前とか横は?
伸びてる?伸ばしてる?
柔らかく使うとか固めないとか
でも締まってるとか
いろいろ言われているけど
使い方が感覚でしかわからない
謎多きお尻の筋肉。

仰向けで脚をドゥバンに上げて
わかりやすいようにアチチュードにして
さらにアンディオールで回して見ると
伸びてるのか縮めてるのか
意識としてもはっきりしないけど
土踏まずとか骨盤底筋群とか腹筋とか
全部繋げて使うって事なのはわかる。

そしてお尻って鈍いんだなと感じる。

お尻が緩いから
脚が外れたところに行く。
しっかり意識があると前のYゾーンが
ここしかないはっきりしたポジションに出せる。

しょっちゅうアラセゴンが
行方不明になるけど
この前がはっきりわかれば
このままロンドさせるだけだから
前でたたんでた脚が
横でたたむ感覚も生まれる。

もう少しお尻の筋肉を意識して
使ってもいいのかもしれない。
横の時開くだけになる癖があるから
回せなくなる。

フロアバーで
ちゃんとやる事、意識する事、を整理して
立った時に使える身体を作らないと。