はいそうです。
また振り出しに戻ってきました。

結局考えなくちゃいけないスタートは
すべてプリエから始まる。

膝の裏曲げないと
動けないからね。

先生に
だいぶ良くなってきたけど
プリエが壊れる引き金になってる。

ポーズだけならいいけどフェッテは
何度もプリエしなくちゃいけないからね
と言われる。
早めにお稽古が終わったので
自主練メンバーで研究。

先生も常にプリエを研究してて
バレエって終わりがないな〜と思う。

で、プリエって膝の裏がゆるむことから始まると言われ
違った方向からのアプローチ。

股関節をたたむとか
膝とつま先の方向を合わせるとか
アンディオールのいろいろ
考えまくってたけど
膝の裏をゆるめると
腹筋がこりゃ大変だとばかりに反応する。

膝横とか前腿で頑張らないとか
今まで気を付けていた部分が
何も考えずとも真っ直ぐプリエ出来る。
膝の裏だけをゆるませると
正しい場所にいないとよけいな力が入って
ゆるませることにならないから
身体が勝手に正しい場所に来る感じ。
何より両脚同じ反応だから
後ろの足を頑張るとか
両脚均等にとか考えなくても出来る。

プリエタンジュも
プリエの軸にいようなんてしなくても
そこに立っていられるから
戻りがとてもスムーズ。

今までやっぱり形はプリエだけど
中身は出来てなかったんだな〜と(笑)

先生の綺麗な菱形を見ては
いつもあんな風になりたいって思ってたけど
膝裏の力が抜けたら自然とそうなるのであって
菱形を作ろうとしてるわけじゃないって事なんだよね。

ダブルプリエの重要性がわかった。

筋肉のコントロールと意識
なんたって意識。

力が足りないって言われるのは無意識に
よけいなところに力が入ってるから
必要なところの力を使えない。

腹筋も使おうとしてるうちはダメで
身体がいい反応をしてくれるようになる感覚。