ロンデジャンプなどで
何をしなくちゃいけないか
目が覚めた。

今まで何をやってたんだろう。
やっぱり動かしてる脚に気を取られてたな〜。

注意されるのも8割は動かしてる脚だし
軸の注意って脚って考えてしまうし
軸側の脇とか腹筋って言っても
実際自分がどうしなくちゃいけないか
あまり明確じゃなかった。
正しい場所に立っていなくちゃいけないとか
出す脚と一緒に骨盤取られないとか
言葉ではわかってる。

すごく頑張ってたけど
意識が及ばないくらい細いアンディオール筋で
その力はいつまで経ってもそりゃあ非力で
何をどうしたらいいんだ?って思ってた。

回してる脚に骨盤を取られるって言う状況は
何も回してるときに突然始まったわけじゃなく
タンジュの時から目立たないけど
始まっているんじゃないかと思う。

ここで出来たらいいねと
お直しされる場所にその秘密はあって
そこで上体を保つ練習をしないことには
いつまで経ってもやりたいことに繋がらない。

同じ事の繰り返しじゃなく
自分で正しい方向に導く冒険も大事。

両脚均等にアンディオールし合う意識を付けるのに
フロアバーがかなりいい感じ。

床の上で寝るとアラセゴンも迷わない。
つま先も絶対ゆるまない。
つま先伸ばさないと脚は骨盤から離れないし
重くて持ち上がらない事を実感する。

脚を回す練習でフェッテが出来るようになるんじゃなく
脚を回してもぶれない上半身が作れたら
フェッテが回れるってところ。