モデルチェンジのポアントの具合は、
やっぱり足にフィットしてなくて、すごくイヤな感じ。
なので、もう一回ザブザブと水やりしてみた。
少し縮まってくれるといいのだけど。

blogをたどってみると、前回のポアントレッスンは、
3月だったから、5ヶ月ぶりだったのね。
お稽古そのものは、それなりにこなしたから、
自分の中での、発展途上が良くわかったように思う。

普通に、エシャッペや、5番でススーの感じは、
バレエシューズでやるのと、変わりないけど、
ポアントでパッセパッセと、右左足を変えていく時には、
ポアントで立つ事ばかりに気が行って、
全然プリエが出来てないし、床を押してないし、
軸がぶれまくっていたわ。

早いと、ごまかして出来ても、
ゆっくりだとハチャメチャなんだもの。
ポアントと、ドゥミと違う事してるのがわかる。

ポアントを履くために、危機感を持って、
もっとちゃんとバレエシューズでお稽古しよう。

今日先生に直されたのは、後ろクッペのかかとをもっと前にって。
後ろクッペの難しさを再認識。
前クッペよりもっとアンディオールして、
内腿の張りを作らなくちゃいけないのに、
楽な所でやっていた自分がいたわ。

終わってふくらはぎと、お尻大ダメージ。
良くないな〜。
もう完璧に引き上げ不足。
脚だけで、問題を解決しようとしている。

次のお稽古は背筋と腹筋が筋肉痛になるように、
もっと全身使わなくちゃ。