身体がお尻歩きをしたいと言っている。

左脚の外れた股関節で、お稽古していると、外腿がかちかちになってくる。
それをほぐすのは、お尻歩き!やっぱりいい。

で気が付いた。
最近、股関節と大腿骨のすきまのマッサージしてないって。
お尻もカチカチだったのが、ゆるゆるして来てからは揉んでない。

今ほぐし足りないのは裏腿。
長座ストレッチが、股関節が詰まって、思うように出来なくなってきて、
やり方の改良をしなくちゃいけないかも。

今日のお稽古は、回る跳ぶ。

バーレッスンが、プリエとタンジュ、ジュッテの後、股関節のストレッチ。
股関節が開かない人の脚の付き方には、何か共通の物があるのだろうか。
蛙の裏表を、ふたり組で。
脚を、横、後ろと上げてふたり組でストレッチ。おしまい。

なので、回る軸がきちんと作られないまま、跳び回り物に突入。(パの名前わかんない)
軸がどこにあるかわからなくて、すごくイヤな感じだった。
顔をつけないで回っていると、顔をつけるように言われた。
でも、顔の付ける場所がはっきりわからないから、返事だけで終わってしまった。
だって、1回転半なんだもの。スケート履いてたら出来るかも。

今日もふたり組で、ピルエットのダメだし。
人のを見ていると、自分の崩れている理由も見えてきたりして、勉強になった。
今日は、一緒に組んだ人が良かった。

軸が、左脚の上に太いまま移動しているから、
4番プリエから、真上に細い軸で伸びていくといいんだわ。
右の脇から、肘が下がっていって、ボディを四角に保てなくなるんだわ。

などと、お互いダメな部分を言いながら、見える所は、結果として崩れて見えているけど、
直さなくちゃいけないのは、肘を上げる事じゃないんだよね。

腹筋とか、背筋とか、アンディオールとか、プリエとかって。
結局は、又そこに行き着く。

お尻歩きをして今日も終了。
思ったけど、歩くにこだわらないで、その場で、足踏みじゃないけど、
そう言うのでも、OKかも。
あんなに大移動すること無いんだわ。