アチチュードしてみた♪

いらっしゃいませ♪バレエな身体を求めて、日々格闘しています。

横のリンバリング

夜のゴットハンド先生クラスでやってる
床で開脚での横のリンバリング。

プリマ先生クラスでは
やった事はないのだけど
床に座ってやる目的がよくわからなくて
かなり昔何をどうするのが正解か
プリマ先生に聞いた事がある。

骨盤垂直とか
背骨のラインとか
脇のどこが伸びるかとか。

わからない事は聞くに限るなと
その時思ったけど
ゴットハンド先生注意も
アドバイスもしないからみんな自由。
誰も私がやってるようにはやってない。続きを読む

悩むべき事は

昼クラス
難しいパをやるので
居残りで教えたりしてる。

覚えたと思った所で
また新しい振りになるから
すぐ出来ないって泣き言になる。

でも結局のところ
ざっくり言えばプリエもタンジュも
出来てないんだから出来るはずがない。

だからあれが出来ない
これが出来ないって
悩まなくていいんだよと。

まず、プリエが出来るようになろう。
とってもとっても難しいのだから。

続きを読む

股関節の引っ掛かり

セゴンのディベロッペ
右の脚は普通に上げられるのだけど
左が90度を超えると
アンディオールの力が入らなくなる。

そして右の股関節が痛い。
そのせいで、
右軸が床を押して伸ばせない事に気がついた。

最近股関節の調子が悪くて
開脚前屈とか
左足を後ろにしたスプリッツをやめている。
でもどこの何がどうなって調子悪いのか
さっぱりわからず。
続きを読む

鏡よ鏡

ポーズを注意される時は
だいたい鏡で自分の姿を確認して
意識が鏡の中にある。

鏡が見える所に目線を置くから
何かが違うって先生に見えるんだよね。
何かがって顔(頭)が違う。

先生のやってるポーズや角度
細かい部分を瞬時に理解して
鏡で同じになるように頭の中に記憶して
自分の身体で表現する。続きを読む

アラベスクの背骨

今日の感覚初めて!

アラベスクで脚と背骨が
引っ張り合って伸びて行く感じ。
何かが繋がってた。

外側の力みが全部なくなって
両方伸びて行った。
これが先生の言う背筋と内腿の関係かも。

アラベスクの脚とハム筋の関係より
背骨伸ばすために脚を伸ばしたって感じ。続きを読む

踊ってない時間

ツイッターのつぶやきで
「体幹トレーニングをすべきか?」
それよりも、レッスン中の姿勢の悪さに気づいて
うんぬん
と言うのを見た。

うちの先生達は何も言わないけど
これ私もすごく気になる。
レッスン中の姿勢。
と言うか態度。続きを読む

自覚がないハム筋

先生の注意でよく言われるひとつ。
自覚が無いから出来ない。

そりゃそうだ
自分で間違いを自覚が出来れば
直そうとする。
ここを使ってると自覚があればできる。

自覚がないわりに
やってると思っているから
タチが悪いとも。続きを読む

ハム筋が繋がるプリエ

だんだんわかって来たハム筋の使い方。

プリマ先生クラス
ベテランは放って置かれて
お稽古中はなかなか見てもらえないし
クラスの中でひとり違うタイプだから
注意が当てはまらなかったりする。

ここで独りよがりにならないように
終わってからこっそり聞いてみる。

股関節のすき間とハム筋の事。
ゴットハンド先生に注意されてる事。
今日の重点のプリエの先の事。
続きを読む

セゴンのディベロッペ

先生はどうしても
私の脚を耳の横に上げたいらしいの。

いったいどれだけの
バレリーナがここに
脚を上げられると言うの?

なんて言うか
高い所に上げるが勝ち
みたいなのしなくていい。

上体反らない
軸の脇緩まない
もっと引き寄せる。

股関節の作りとか
靭帯とか
筋肉とか
揃ってないから無理だって。

あちこち痛いし
限界ってものがあって
それ以上は行く気がしない。続きを読む

見てない?

基本先生がやってる振り付けを
やらないといけないと思う。

いや基本って言うか
当たり前だよね。

なので自分の癖とか慣れとか
やりやすさを優先していたら
全員違う踊りになる。続きを読む
プロフィール

ドロシー
私の好きなもの。
わんことお散歩。
大好きなバレエレッスン。
お菓子作り。
そして、かけがいのない夫と子ども達。
そして、私を気にかけてくれるいろんな方達。
バレエな課題
【課題】

美しいライン
伸びやかに






記事検索
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール