アチチュードしてみた♪

いらっしゃいませ♪バレエな身体を求めて、日々格闘しています。

目線とアムスの関係

アムスの基本がわかったら
次は顔と目線。

手を見るけどずっと手を見ていたら
伏し目がちになるから
手を通した遠くに目線を外して
戻ってくる。

ずっと伏し目がちの人とか
手を見すぎる人とか
手と目線がバラバラな人とか
首かしげるの癖な人とか
なんとなくそれっぽいとか
鏡見てる人とか
全部ダメ。

みんな同じ事をしないと
コールドは揃わない。

続きを読む

ロンデの横から後ろ

久しぶりに横から後ろのダメ出し。
アンレールで足を持たれる。
(えーその高さじゃ無理
捻れるの目に見えてる。)
心の声。

あの時わかったあのあれ
回しながら回す
骨そのものを回す。
はまった所からの後ろ。

回そうとしてお尻に力が入る。
ダメ。
足重い。
ダメ出しの嵐。

(あ、いや、だから
そのやり方は
軸の膝捻れるんだってば)
心の声。

続きを読む

舞台は狭い

多分私今のままだと
舞台から落ちるし幕に飛び込むし
後ろの壁突き抜けてる(笑)

去年も一昨年も
狭苦しそうに見えたと同情されたけど
ここ、コントロールしていかないと。

狭い舞台でも伸びやかに
優雅に踊って見えるように
今年こそちゃんとやらないと。

そして今回いつもみたいな
全員稽古の時間が取れなくて
それぞれ自主練な感じで
振り付けもまだ途中。
みんな危機感を感じ始めた。
続きを読む

左パッセ

久しぶりに鏡の前バーで
あばら歪んでるな〜って
どこの何が私を歪ませている?
修正ポイントはどこ?
背骨?
骨盤?
みたいな感じでいたところでパッセ。

股関節が上手くたためない。
すぐさま注意される
開いた形のパッセ。

ドロシーお尻〜!
って。

あー。
ちゃんと一回で出来たい。
言われなくても出来たい。
ちょい悲しい。
続きを読む

片足クッペのプリエアップ

両手バーでやって
手を離してやって

これが出来たら
フェッテに繋がる。

出来ない理由は
自分でもよくわかってる。

私の解決策はプリエのターンアウト。
それだけ。
片足になると
とんでもなく難しい。

続きを読む

アムスの基本

プリマ先生に
綺麗なアムスで踊りたいと
話をしたので
最近はアムスの使い方に
重きを置いて指導してくれる。

本当に基本的な使い方。
ポジション
通り道
ドゥミスゴンド
手のひら
指先。

注意は何万回も言われているけど
意識してやるかやらないかだと思う。

なので初めて聞いた?
みたいな人がいるのが驚き。



続きを読む

横のアムス

何気に撮られた画像に
意識不明のアムスがいた。

気をつけてるつもりの
気の抜けたアムス。
腕が長いから目立つ。

ここは結果として現れてるだけで
私の修正ポイントは肋骨。

アムス自体を直さなくちゃ
ダメなわけじゃなくて
ボディをちゃんと保たないと
肩まわりの柔軟性がアダとなる。
続きを読む

背骨から脚

股関節回そうって
思い過ぎて自滅…
回らない…
はまらない…

もっと背中上げてと言われる。

そして
脚を脚であげようとするから
脚で上げない。
脚はどこから?

背骨の引き上げ
背骨伸ばす。
背骨から脚!

やはり回すより先に
背骨の意識の方が重要なのが分かった。

続きを読む

アンディオールが解決する

出来ない事は
『アンディオールが解決する』
『悩まなくていい、出来てないんだから』
『知ってるのと出来るのは違う』
昔プリマ先生に言われた言葉。

いろいろ思い出す。
これが全てではないけど
的を射てる。

結局は回さないと話にならない。

続きを読む

アッサンブレ

バレエをやっていたら
毎回必ず出てくるパ。
パの中で一番嫌い(笑)

とにかくなんとなくしかやれない。
気持ち良く跳べない。
いまいちタイミングが合わない。

でもなんとなく出来てるっぽい。
何を改善すれば
いいかわかってないまま
ずっと何年もやり過ごしている。

それが出来た。
続きを読む
プロフィール

ドロシー
私の好きなもの。
わんことお散歩。
大好きなバレエレッスン。
お菓子作り。
そして、かけがいのない夫と子ども達。
そして、私を気にかけてくれるいろんな方達。
バレエな課題
【課題】

美しいライン
伸びやかに






記事検索
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール

    ドロシー