アチチュードしてみた♪

いらっしゃいませ♪バレエな身体を求めて、日々格闘しています。

伸びる

背骨のすきまを一個ずつ
0.1ミリずつ開ける。
その気持ちが大事。

だんだんとと言うか
今まで以上に身体の声が
ちゃんと聞こえるようになってきた。続きを読む

志し

順番が簡単な時こそ
基本に忠実に。

そうすると
簡単な振り付けなんかひとつもない。

アンディオールして踊るのがバレエ。

いつも言われてた付け根

土曜日から目の調子が悪くて
メガネでのレッスン。

遠近両用なので
頭を動かすと視界が揺れる
なので顔付けないで
真っ直ぐをキープ。

先生はそんなこと知らず
ピルエットでは
顔付けないでよく回れるな〜
顔を付けてと。続きを読む

繋がって来る感覚

注意された事、
指導された事の中には
わかったと思うし
やっているけど
身体に繋がってない事が
たくさんある。

これ、ずっと前に言われたやつ。
と、ある日突然わかる。

意識が足りないから出来ないと
言われるけど
意識だけではどうにもならない事
だってある。続きを読む

軸足垂直

アンディオールするために
自分でどれだけ垂直で立てるかが鍵。

傾いていても人は立てるし歩けるから
垂直って難しい感覚なんだな。

真っ直ぐ立つ。
言うは易し。

続きを読む

1番ポジションの軸

まず、ふくらはぎとかかとの関係。
1番ポジションが
どこに立ったらいいか
迷いっぱなしから何年越し?
やっとわかった。

始まりはとにかくわからないので
1番ポジションでかかと同士を
ちゃんと押し合う
と言うのをやっていた。

反張膝だからわからないのか
私がわからないのかは謎だけど
解決した気がする。

このところふくらはぎが密着して
足の裏とふくらはぎのいい感覚が
目覚めて来ているところ。

続きを読む

隙間の意識

隙間の意識というか
隙間の有る無しが
かなりいい感じで掴めてきた。

隙間があれば
ロンデとかフォンデュとか脚が軽い。

先生に大分良くなってきたと言われる。
やるべきことがわかっているから
見守ってくれている気もする。

振りは複雑じゃないから
ちゃんとみんなのお手本になるように
丁寧にポジション、ポーズ
アムスや脚の軌道角度を意識する。続きを読む

滑る床

今日のセンター久しぶりに
すごく滑って床を押せなく
全然ピケ立てなかった〜。

何年かぶりにシューズ濡らしたわ
でも濡らしてもいいのは一瞬だけ。

だいぶ真っ直ぐになってきて
松ヤニもシューズ濡らしも
摩擦で立ててただけなんだとわかってきて
滑る時ほど床を押すとか垂直とか
意識してやらなくちゃいけない
と思ってたけどまだまだ修行が足りなかった〜。
続きを読む

バーの立ち位置

左手バーの先頭で
鏡のない場所。

すごくすごく落ち着く。
説明の時先生しか見えないし
バーレッスンも誰も見えないし
余計な情報が目から入らないから
集中力バツグン。

ここ、こんなにいい場所だったのね。
◯◯さんが譲らないはずよね?(笑)
続きを読む

スプリッツの前の脚

バー終わりでの床ストレッチ。
伸ばし過ぎると内腿使えなくなるから
私はいつもかなり適当で
確認作業と言う感じ。

そうしたら先生に
スプリッツで前の脚を持たれる。
よく椅子に脚をかけてやるスプリッツ。
つまりはハム筋のストレッチ。

こんなに出来るじゃんと言われる。
伸びた〜。

ちょっと負荷をかけて伸ばさないと
伸ばせるようにならないよと。

そしてその伸ばす力で
ディベロッペ。
ちょっといい感じ。続きを読む
プロフィール

ドロシー
私の好きなもの。
わんことお散歩。
大好きなバレエレッスン。
お菓子作り。
そして、かけがいのない夫と子ども達。
そして、私を気にかけてくれるいろんな方達。
バレエな課題
【課題】

美しいライン
伸びやかに






記事検索
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール