アチチュードしてみた♪

いらっしゃいませ♪バレエな身体を求めて、日々格闘しています。

深層六筋群の梨状筋

今日お稽古始まる前に
左は出来てるんだけど
右がお尻使えてないとのお言葉。

解れてきて
仙腸関節がわかってきたら
言ってる事が一瞬で理解出来た。

梨状筋には十数年前の古傷があって
疲れて来るとここが悪さする。
アチチュードすると自分ではよくわかる。

先生いわく
パッセの出来上がりは同じなんだけど
作り方が違うらしい。
何かを避けてる?みたいな。
変な力が入る?みたいな?

そうかここなんだ〜
そうか〜…

って先生すごくない?

続きを読む

床を押してる感覚

足を上げたかったら
もっと軸足押してとよく叫ばれるんだけど
この時床を押してるのと同時に
頭突き上げるとか
背骨も伸ばすとかもやってた。

これに追加でアムスが加わった。
ちゃんと助けてくれる場所に
アムスが来るように出来てるんだよ。

アムスの場所がしっくり収まって
センターのグランバットマンが
いつになく安定。

セゴンのディベロッペも
いい感じ。続きを読む

なんで動くとダメなのか

やっぱり
バーでやってる事が
センターで出来てないって事なんだけど
センターってほぼほぼ片足だよね。
それか空中。

そこをしっかり考えないとだめだ。

バーレッスンで
しっかり立たないと。
続きを読む

セゴンは1ヶ所

横隔膜の使ってる感覚は
大分わかってきて上半身は
キープ出来てる感じ。

でも意識が下半身まで
繋がってないからだよね
もっとウエスト絞れと言われる。

解決策は
アンディオール。続きを読む

仙腸関節の謎

今一番ほぐしてるのが
お尻筋中心に骨盤周り。

ほぐれてくると
ホント凝ってて
カチカチだったんだなと思う。

肩凝りには敏感なのに
お尻凝りは鈍感。続きを読む

先生の通訳

レッスンが終わったら
わからない事を先生に
聞きに行ったり確認したりって
あると思うんだけど
プリマ先生の場合は
私がやりなさいと言ってる事が
出来てる事が前提
やってもいないのに
どうすればいいですかなんて
聞きに来られても困るから。

と言う感じなので私以外の人が
プリマ先生に聞きに行く事は
ほとんどない。
続きを読む

クッペの奥深さ

今日のプリマ先生は
とても厳しかった。

十人十色じゃないけど
全員間違ってる。
何のために音がかかってるか
よく考えなさい。

最初から今までにないアムスと足の
組み合わせで、あれ?あれ?何だっけ?と
先頭だったにもかかわらず
どう音を取ったらいいかわからなくて
ぐちゃぐちゃだった。

たぶんみんな左手バーは
私につられてしまったと思う。
振り向いた反対側先頭は
揃って音痴だからつられないように
頑張ったけど手遅れ感いっぱい。続きを読む

半年の成長

雪の精になって踊ってから半年。

一緒に踊った5人のうち2人は辞め
2人は月に3〜4回しか
一緒にお稽古で会わなくて
夢だったんじゃなかろうか
ってくらいの遠い出来事。

でね
今急成長してるメイトさんがいて
週に4レッスン一緒にお稽古してる。
わからない事どんどん聞いてくるし
とても熱心で出来なかった事が
少しずつ出来るようになってきた。続きを読む

スープルソー

真っ直ぐ跳べる感じがわかってきた。
アッサンブレとか
グリッサードとか
ふふ、結局プリエってことなんだけど
邪念があるから出来ないってわかった。

膝外向きとか股関節のたたむ場所とか
沈まないプリエしようとか
柔らかくとか
ぶれないとか
アンディオールとか
考え過ぎてるの。続きを読む

呼吸と横隔膜

横隔膜のイメージと意識の次は
呼吸と繋げてみる。

一番わかりやすいのはプレパレーション
アロンジェの呼吸
あと、グランバットマン。

吸った後の吐く時を
もっとちゃんと意識してやれば
もうちょっといいかもしれないと思った。続きを読む
プロフィール

ドロシー
私の好きなもの。
わんことお散歩。
大好きなバレエレッスン。
お菓子作り。
そして、かけがいのない夫と子ども達。
そして、私を気にかけてくれるいろんな方達。
バレエな課題
【課題】

美しいライン
伸びやかに






記事検索
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール