アチチュードしてみた♪

いらっしゃいませ♪バレエな身体を求めて、日々格闘しています。

膝のお皿を引き上げる

プリマ先生クラス
お稽古はいつも通り。

バーのタンジュで通りすがりに
お尻を触られ
すき間とハム筋が目覚めた。

あ、ここ!これこれ!
いつもバーをやりながら
目覚めさすのを最初から出来たら
進むの早いよね。
いつも触って欲しい(笑)
続きを読む

グランジュッテ

お盆休みでお稽古2回お休み。
みんな落ちてると言いながらも
容赦なく進める先生。

身体重かった〜
でも背骨の感じはまあまあ。

休み明けは筋肉がほんとに
ゆるみ放題だから
ある意味使いやすい、いや、わかりやすい。

締める、集める、絞る
そこがちからワザにならないから
動くの分かる。続きを読む

引き上げってどこの何

東京で舞台稽古中の息子と
近況報告をしててちょっと閃き。

アンディオールの説明をしてて
脚だけ回してアンディオールして
立つ事ができても踊れないって事の原因。

どこから回すとか
どこで回すとか
お腹上げろとか
腰上げろとか
永遠に叫ばれるやつ。

ポジションで叫ばれるけど
実際は動いて使うもの。続きを読む

ポアントの事

レッスンでポアントを履いてないのは
ここ数年怪我しては治りの
繰り返しだったから。

膝、腰、肩…
治るのに時間がかかりすぎる
そしてバレエが一番のリハビリ。

みんなに治ったら履くと言い続けてるうち
誰も履かなくなってしまった(笑)

今は肩が治ったから
そろそろってところで
今度は股関節負傷で様子見状態。

ただ脚のトレーニングのために
アテールからルルベと
ドゥミからポアントはやってる。
隠れてこっそり(笑)続きを読む

アントルラッセ

アントルラッセのお手本
インスタで見つけた!

脚を前に上げた瞬間
上半身はもう振り返りはじめているから
次の脚を空中で後ろに出せる。

そして私の弱点。
横無いよね。
振り返りが遅いから。

アントルラッセより先に
フェッテの練習をした方がよさそう。続きを読む

ポアントの履けるレベル

なんでそんな事言われたのか謎なんだけど
プリマ先生クラスで
まさか私に隠れてポアント履いてないでしょうね。
と、言われる。

ポアントに憧れるのはいいし
ポアント履いて踊ることを
目指すのはいいよと。

でも立つのはダメ。
ドゥミまで。
立つのは誰でも出来るんだよと。

これ、深い。

続きを読む

横のリンバリング

夜のゴットハンド先生クラスでやってる
床で開脚での横のリンバリング。

プリマ先生クラスでは
やった事はないのだけど
床に座ってやる目的がよくわからなくて
かなり昔何をどうするのが正解か
プリマ先生に聞いた事がある。

骨盤垂直とか
背骨のラインとか
脇のどこが伸びるかとか。

わからない事は聞くに限るなと
その時思ったけど
ゴットハンド先生注意も
アドバイスもしないからみんな自由。
誰も私がやってるようにはやってない。続きを読む

悩むべき事は

昼クラス
難しいパをやるので
居残りで教えたりしてる。

覚えたと思った所で
また新しい振りになるから
すぐ出来ないって泣き言になる。

でも結局のところ
ざっくり言えばプリエもタンジュも
出来てないんだから出来るはずがない。

だからあれが出来ない
これが出来ないって
悩まなくていいんだよと。

まず、プリエが出来るようになろう。
とってもとっても難しいのだから。

続きを読む

股関節の引っ掛かり

セゴンのディベロッペ
右の脚は普通に上げられるのだけど
左が90度を超えると
アンディオールの力が入らなくなる。

そして右の股関節が痛い。
そのせいで、
右軸が床を押して伸ばせない事に気がついた。

最近股関節の調子が悪くて
開脚前屈とか
左足を後ろにしたスプリッツをやめている。
でもどこの何がどうなって調子悪いのか
さっぱりわからず。
続きを読む

鏡よ鏡

ポーズを注意される時は
だいたい鏡で自分の姿を確認して
意識が鏡の中にある。

鏡が見える所に目線を置くから
何かが違うって先生に見えるんだよね。
何かがって顔(頭)が違う。

先生のやってるポーズや角度
細かい部分を瞬時に理解して
鏡で同じになるように頭の中に記憶して
自分の身体で表現する。続きを読む
プロフィール

ドロシー
私の好きなもの。
わんことお散歩。
大好きなバレエレッスン。
お菓子作り。
そして、かけがいのない夫と子ども達。
そして、私を気にかけてくれるいろんな方達。
バレエな課題
【課題】

美しいライン
伸びやかに






記事検索
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール